【初心者向け】Zaif API×Pythonでプチフィンテック3 PyCharmの導入

bot作成準備の一環として、前回のMiniconda導入から引き続き、今回は「PyCharm」というPythonの開発環境ソフトウェアを導入していきます。

<スポンサーリンク>

PyCharmとは

今回も実際にソフトウェアを導入する前に、その概要を説明したいと思います。

まず、一般的にPythonプログラムを作成して実行するためには、エディタと呼ばれるソフトウェアによりプログラムを書いて、それをインタプリタで実行させることになります。

エディタとは、文字を入力して文章やコードを作成するためのソフトウェアであり、代表的なものとしてはWindowsのメモ帳が上げられます。

しかしながら、例えばメモ帳でコードを書く場合、

  • プログラムでPythonの関数を書きたい時、関数名をすべて書かなければならない(関数名を正確に覚えておかなければならない)
  • プログラム上に記載ミスがある場合、一目では検知し難い
  • プログラムが正常に動かない際、原因究明が難しい

などの問題があります。

ここで有用なのが、開発環境ソフトウェアです。

このソフトウェアには、エディタ機能+αが実装されています。

+α」とは例えば、

  • 関数名の自動補完機能:関数名を途中まで入力すると、残りの文字列の候補を自動的に表示する
  • ミスの即時検出機能:プログラムを書いている最中に、記載ミスと思われる箇所をハイライトする
  • デバッガ機能:プログラム実行中に任意の箇所で実行を停止し、その時点の変数等の値を出力する(変数に異常な値が入っているために正常動作しない場合、この機能で原因を特定できる)

などがあります。

そして、このようなソフトウェアには複数があるのですが、その中でもメジャーなものの1つが今回導入するPyCharmです。

なお、PyCharmには有償版と無償版がありますが、無償版でも機能面でそれほど困ることはありませんので、今回は無償版を導入します。

PyCharmの導入

前置きが長くなりましたが、PyCharmの導入を進めて行きます。

まずは公式サイトにアクセスし、トップページ中ごろのダウンロードリンクからインストーラをダウンロードします。

画面左側のボタンは有償版の期間限定試用版、右側のボタンは無償版のダウンロードリンクです。ここでは右側の無償版を選びます。

なお、ダウンロードが開始すると同時に、ブラウザの表示が切り替わり、メールアドレスを入力する欄が現れます。ここでアドレスを登録すると、定期的にTips等の情報が送られてくるようになりますが、それが必要なければ特段登録しなくても問題ありません。

続いて、ダウンロードしたファイルを開きます。ウインドウが開きましたら、「Next」ボタンを押して先に進みましょう。

インストールするフォルダを指定します。特にこだわりがなければ、そのまま「Next」ボタンを押します。

次に、オプションとして、①デスクトップにショートカットを作成するか、②.pyファイル(Pythonコードのファイル)をPyCharmに関連付けるか、そして、③(PyCharmの実行に必要となる)JREというソフトウェアをPyCharmの導入と併せてインストールするか、を選択します。

③のJREとはJava言語で書かれたプログラムの実行環境ですが、お使いのPCに既に導入されていれば、チェックを付ける必要は基本的にありません。

ここでは、②、③のみチェックを入れ、「Next」ボタンを押して先に進めます。

次の画面では、PyCharmをWindowsスタートメニュー内のどこに登録するかを指定しますが、ここではデフォルトのままとして「Install」ボタンをクリックし、インストールを開始します。

インストール完了後に表示される画面では、「Run PyCharm Community Edition」にチェックを入れ、「Finish」ボタンを押してインストールを終了します。

すると、PyCharmが立ち上がりますが、初回起動時には簡単な設定等を行う必要があります。

まず、PyCharmの設定ファイルをインポートするかどうかを聞かれます。

今回は初回インストールということで、インポートするような設定ファイルはありませんので、デフォルト(「Do not import settings」が選択されている状態)のまま、「OK」ボタンを押します。

続いて、プライバシーポリシーが表示されます。

内容をざっと確認の上、「Accept」ボタンを押して先に進みます。

次の画面では、PyCharmの見た目を2つから選択することができます。

お好みの方を選択頂ければと思いますが、私は以前どこかで、「背景色が暗い方が目に優しい」という話を聞いたことがあるので、右側を選びました。

次の画面では、「plugin」という、PyCharmの拡張機能をインストールするかを聞かれますが、ここではどれもインストールせず、「Start using Pycharm」ボタンを押して、先に進めます。

ここまでの作業が終わると、以下のようにPyCharmのメニュー画面が表示されます。

簡単なプログラムの作成

PyCharmが起動したところで、簡単なプログラムを作成して、PyCharmが正常に動くか確認しておきましょう。

具体的には、

  • プロジェクトの作成
  • 環境設定
  • プログラムの作成と実行

の3ステップを行います。

プロジェクトの作成

まずはメニュー画面にて、「Create New Project」ボタンを押します。

次に開かれる画面にて、以下のように操作します。

①プロジェクトファイルを保存する場所を指定します。ここではデフォルトの「untitled」という箇所だけ「tradebot」という名称に変更します。

②「Project Interpreter: New Conda environment」をクリックして展開します。

③「Existing interpreter」を選択し、右側の歯車マークをクリックします。

④表示される画面で「System Interpreter」を選択し、「OK」ボタンを押します。

⑤これですべての項目が埋まりますので、「Create」ボタンを押して、プロジェクトを作成します。

お使いのPCによっては、プロジェクトの作成に少々時間がかかります。プロジェクトの作成が終わるとTipsの書かれた画面が表示されますが、「Close」ボタンを押して閉じて下さい。

環境設定

PyCharmは非常に多くの設定項目を有していますが、始めのうちは基本的に設定を変える必要はありません。

しかしながら1点だけ、デフォルトの設定では、プログラム実行結果の自動折り返しが有効になっていないため、結果に長い行が含まれる場合横にスクロールする必要があり、やや煩わしく感じます。

そこで、ここではこの自動折り返しについてだけ、設定を行っておきます。

まずは、メニューバーから、「File」→「Settings」を選択します。

次に設定項目のうち、「Editor」→「General」→「Console」を選択し、右側に表示される項目の1つ目、「Use soft wraps in console」にチェック付け、「OK」ボタンを押します。

プログラムの作成と実行

それでは全ての準備が整ったところで、実際にプログラムを作成していきます。

まずは、プログラムファイルを作成します。そのためには、左側のtradebotプロジェクトを右クリックし、「New」→「Python File」を選択します。

そして、表示されるポップアップにて、ファイル名を入力します。ここでは「helloworld」というファイル名としています。

続いて、作成されたファイルにコードを記述します。

右側の大きな領域に、以下の通り記述します。

pirnt('Hello World!')

なお、ここでは文字列を出力するために、print関数を用いていますが、前述の通り、関数名については自動補完が働きます。

例えば、「pri」のように途中まで関数名を入力すると、そこから推測される関数名である「print」が表示されます。この推測された関数名を実際にコードに反映するためには、エンターキーを押します。

プログラムの作成が終わったところで、このプログラムを実行してみます。

メニューバーのから、「Run」→「Run」を選択します。

なお、メニューバーの「Run」を押して表示される一覧には、さらに「Run」が2つ表示されていますが、2つ目の「Run」を選択して下さい。1つ目のRunは、直前に実行したプログラムを再実行する時に使用します。

さて、「Run」ボタンを押すと、実行するプログラムを選択するポップアップが表示されます。

ここでは、先ほど作成した「helloworld」をクリックします。

すると、プログラムが実行され、画面下部に出力結果として「Hello World!」と表示されます。

終わりに

今回の記事は以上です。PyCharmを使ったプログラムの実行はうまくいきましたでしょうか?

次回からはいよいよZaifのAPIを使ったプログラムを作成していきたいと思います。

カテゴリ:フィンテック
<スポンサーリンク>

シェアする

フォローする