【初心者向け】AWS上でのブログシステム構築14 独自ドメインの取得

構築したブログサイトにアクセスする際、また、インスタンスにアクセスする際、これまではIPアドレスを利用していました。しかし、特にブログサイトにアクセスする場合には、来訪者のことも考えて数字だけのIPアドレスではなく、www.〇〇〇.jpやwww.〇〇〇.comといったドメイン名でアクセスできるようにしたいですよね。

今回の記事では、まずドメインの取得方法を紹介します。

なお、次回の記事にて、取得したドメインによってブログやインスタンスにアクセスできるようにするための設定方法を紹介したいと思います。

<スポンサーリンク>

ドメインの取得

googleで「ドメイン」、「取得」などのキーワードで検索すると、ドメインを取得できるサイトは簡単に見つかると思います。ここでは、私がドメインを取得した「ムームードメイン」での取得方法について紹介したいと思います。

ムームードメイン

まずはサイトにアクセスします。

画面中央の「ドメインを検索する」欄に、取得したいドメイン名を入れてみましょう。なお、この欄には”.com”と入っていますが、検索時には”.jp”など他のものも併せて取得可能か検索されるため、ここは”.com”のままで問題ありません。

入力が終わったら、その隣の「検索」ボタンを押しましょう。

「検索」ボタンを押すと、入力したドメイン名と”.com”や”.jp”の組み合わせ毎にどれが取得できるかが一覧表示されます。

気に入ったものがあれば「カートに追加」ボタンを押し、なければ上部の検索欄で別のドメイン名を検索してみましょう。

「カートに追加」ボタンを押すと、確認画面に移ります。

選択したドメイン名が間違っていないことを確認の上、「カートへすすむ」ボタンを押して先に進みましょう。

次にログイン画面に移ります。

もしも既にムームードメインのアカウントを持っていれば、左の「ムームーIDをお持ちの方」からログインして作業を進めますが、アカウントを持っていない場合は右側の「新規登録」ボタンを押します。

続いて、新規登録のための情報入力画面です。

メールアドレスと設定したいパスワードを入力して、「内容確認へ」ボタンを押します。

すると、内容確認画面が表示されます。

入力内容に誤りがないか確認の上、「ユーザー登録」ボタンを押しましょう。

次に取得するドメインに関連する設定をいくつか行います。

ドメイン設定 インターネットで公開されるドメイン管理者情報などについて設定します。また、取得したドメインはネームサーバー( DNSサーバー )というサーバーに記録されますが、どこのDNSサーバーを利用するかを指定します。

ここではデフォルトの設定のままで構いません。なお、DNSサーバーは後ほどAWSのサーバーに切り替える設定を行います。

同時申し込み ロリポップというレンタルサーバーを借りるかどうかを選択しますが、サーバーはAWS上に構築しているため、チェックを付けなくて問題ありません。
ムームーメール 取得するドメインを使ったメールアドレスを作成するかを選択します。必要であればチェックを付けて下さい。
お支払い ドメイン名の取得/維持料の支払手段を選びます。ここではクレジットカードを選択していますが、その他にも銀行振込など、いくつかの方法を選べます。

選択した支払方法に応じて、必要な情報を入力しましょう。

クーポン クーポンコードをお持ちでしたら、ここに入力します。
自動更新設定 取得するドメインの有効期限は1年間ですが、有効期限が来た場合に自動更新するかどうかを選択します。ドメインの更新作業は失念してしまいがちですので、長期的にドメインを利用する場合はチェックを付けておくのがよいでしょう。

ここまでの入力が終わったら、「次のステップへ」ボタンを押して、先に進みます。

次の画面では、付随サービスの紹介が表示されます。興味があれば選択しても構いませんが、不要であればスキップして構いません。

これまで入力した内容の確認画面が表示されます。内容を念のために一通り確認し、問題が無ければ画面下の「下記の規約に同意します。」にチェックを入れ、「取得する」ボタンを押して下さい。

次の画面が表示されたら、無事にドメインの取得完了です。

この後、取得が完了した旨のメールが届きますので、内容を確認し、メール中のリンクからムームードメインのサイトに飛ぶことでドメインの取得はすべて完了です。

さて、ドメインを取得しただけでは、このドメインを使ってブログやインスタンスにアクセスすることができません。

次回、ドメインを用いてブログ等へアクセスするための設定方法を紹介していきたいと思います。