【初心者向け】AWS上でのブログシステム構築1 概要

さて、今回から数回に分けて、Amazon Web Services (AWS) の使い方について紹介したいと思います。

<スポンサーリンク>

方針

これから先、個人でWebサービスを立ち上げ、情報提供やその他サービス提供を行っていくことも多くなるものと思います。そこで1つ重要な知識は、AWSやGoogle Cloud Platform (GCP) などのクラウド基盤の活用方法。

そこで本記事ではAWSを題材として簡易なインフラ構築手順について紹介します。ゴールはブログの土台となるWordpressというパッケージの導入までとします。

なお、AWSに初めて触れる方、さらに、これまでITに触れてきていなかったが、クラウドやAWSといった言葉に興味をもたれている方など、IT初心者の方でも記事に従って作業していくだけで誰もでもブログシステムが構築できるよう、やさしく説明していきます。

インフラとしてAWSを採用する理由

WordPressを用いたブログシステム構築であれば、AWSではなく、その他レンタルサーバーを活用した方が簡単ですし安価で済ますことができます。しかしながら、本ブログでは以下の理由によりAWSを採用します。

  • レンタルサーバーと比較し、AWS等クラウドサービスは自由度が高く、ブログ以外のサービスを開始する場合でも柔軟な対応ができること
  • AWS上での操作の過程で、linuxやネットワークといったインフラの基礎技術を学ぶことができること
  • AWSは契約から1年の間無料(※月の利用上限などあり)で使用することができるため、お試しで作業するにはちょうどよいこと

今後の予定

本記事の前半数回で、Wordpress導入までの手順を紹介し、それに機械的に従うことで、初心者の方でも一旦システムが構築できることを目指します。そして後半の数回で、手順の中で実施している操作の具体的な紹介をすることにより、初心者の方のスキルアップにつなげていければと思います。

まずはお試しあれ。